Tool

CLCLの使い方

スポンサードリンク  

clclの使い方。
使い方がわからないといって、せっかくインストールしても使いこなせていない人が多いようなので説明。
定型文、良く使うコード、パスワードなんかを登録しておくとこれほど便利なものはないと思います。

<追記>
「clcl 履歴 表示されない」系のキーワードでの流入が散見されます。
「履歴」ではなく、「登録アイテム」が消えることは当方でもちょくちょく起こっており、対策を下の方に記載していますので、
登録アイテムが表示されなくて困る方はこちら↓をご覧ください。

1、DLする。

こちらへアクセスしてください。

1.DLページ

こんな画面が表示されると思うので、赤いラインのやつをクリックしてください。

2、DLする。

2.DLする

こんなダイアログが表示されます。
「プログラムから開く」で解凍プログラムから開いてもOKですし、「ファイルを保存する」を選んで、一旦デスクトップなどに保存してから、解凍してもOKです。
お好きな方でどうぞ。

3インストール

解凍するだけで、インストールは完了です。
解凍すると、↓こんなフォルダが開かれるはずです。
3

赤で囲った部分が実行プログラムですので、これをクリックすると、アプリが起動します。

4、デスクトップにショートカットを作っておくと便利です。

4.ショートカット作成

クリップのアイコンにカーソルを合わせて、右クリック→送る→デスクトップ(ショートカットを作成) とクリックしていくと、デスクトップにショートカットが作成されます。

4-2

こんな感じで、ショートカットができたら、このアイコンをダブルクリックしましょう。クリップが目印です。

5、起動

クリップのアイコンをダブルクリックすると、CLCLが起動します。
CLCLは常駐アプリなので、一旦起動すると、タスクバーに常駐します。

5.起動

こんな感じで、タスクバーにクリップアイコンが表示されている間は、CLCLが起動しています。
起動中にコピーしたものは、上書きされず蓄積されていきます。
「Alt+C」で、コピー履歴が見れます。
コピーしたい位置にカーソルを合わせて「Alt+C」→マウス or カーソルキーでペーストしたいものを選ぶ or コピー履歴の左の数字入力で、どこにでも貼り付けることができます。

alt+cjpg

※たまに「Alt+C」ではペーストできないことがありますが、その場合は、一度「Alt+C」を押した後、普通に「Ctrl+V」で、「Alt+C」で選んだものをペーストすることができます。

6、パスワードなど、登録したい情報をインポートします。

※インポートするファイルは.datという形式です。
一度、CLCLを起動し、登録したいテキスト情報をコピー⇒登録⇒エクスポートすることで.datファイルが作れます。
↑5の図のクリップアイコンをダブルクリックします。(ショートカットアイコンじゃなくて、タスクバー常駐アイコンをクリック)

6

こんな画面が開きます。
ファイル>インポートを選択します。

6-2

あとは、ファイル添付するときと同じ要領で、インポートするファイルを選びます。
もしくは、「クリップボード」や「履歴」の一覧から、保存したいものを右クリック⇒「登録アイテムに追加」でも登録することができます。
初回以外、都度都度登録したいときはこっちのほうが簡単かも。

7、コピペしてみる。

インポートができたら、ペーストしたい位置にカーソルを合わせた状態で、キーボードの「Alt+C」を押します。
下の方に「登録アイテム」というのがあるので、そこにカーソルを合わせます。

7

こんな感じで、登録された情報が表示されます。

自分で、登録情報を追加したい場合は、フォルダ作成>フォルダを右クリック>形式を選ぶ>右側の枠に情報を入力となります。
まず、フォルダを作成します。

フォルダ追加

登録アイテムを選択して右クリック>フォルダ作成 で作成できます。「test」というフォルダを作りました。

7-3

次に、作成したフォルダを選択し、右クリック>新規作成 と進みます。

7-4

こんな「形式を選ぶ」ダイアログが表示されるので、「TEXT」を選びます。

7-5

右側の枠に、追加したい情報を入力します。
できた
こんな風に追加されています。

 

【登録アイテムが表示されなくなるトラブル】

PCを再起動した時など、時々登録アイテムが消えてしまうことがあります。
どこかにエクスポートファイルを保存しておくことをお勧めします。

エクスポートは手順6の「ファイル>インポートを選択します。」と同じ要領で、インポートではなくエクスポートを選びます。
export
あとはダイアログに従えば、datという拡張子のファイルがエクスポートできます。.
情報が消えても、エクスポートしたファイルがあれば、いつでも簡単に復旧できます。(復旧は手順6参照。)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※URLを複数含む場合、日本語がない場合などコメントができない場合があります。