google

Google sitesでガジェットを使う。例えばtwitterのウィジェット。

スポンサードリンク  

Google sites以外と良かった。WPに慣れてるとどこをどう弄ったら良いか理解するのにちょっと手間取ったけど。
※今回は超取り急ぎのメモのため、キャプチャなし。

まず悩んだのがガジェットとかscriptの実装。
htmlボックスっていうのがあるけど、ここに書いても「そんなHTMLないよ」みたいな感じで消去される。

正解は以下。

①テキストエディタに普通にスクリプトを書いて、それをどっかのサーバーに保存する。

②Google sitesの管理画面から「挿入」>「その他のガジェット」>「URLを指定してガジェットを追加」で、保存先のURLを書いてあげる。

※サーバーを持っていない場合、以下の方法でできるらしい。
1.Google sitesのフロント画面右の方に、編集マークとか、ページ追加のボタンがあって、その横にある「その他」というのを見てみる。

2・サイトの操作>サイトの管理 というのをクリック

3・そうすると表示されたページの左カラムのメニューに「添付ファイル」というのがあるので、ここに作成したxmlファイルをアップ。

4.上記URLの指定で、3で保存した場所を指定してあげる。

※ただし、私がこれをやると、保存場所が「/」となった。

従ってhttps://sites.google.com/自分のGoogleサイト/hogehoge.xml/ と指定してみたけど、これでは全く動いてくれなかった。
→考えるの放棄してサーバーにアップ。

xmlファイルの作り方は、

https://developers.google.com/gadgets/docs/gs?hl=ja#Hello_World

ここにあるサンプルの「Hello, world!」の部分を、任意のスクリプトにして、タイトルとかも任意に変えて保存。
例えばTwitterのウィジェットならこんな感じ

※twitterの公式ウィジェットのスクリプトは貼り先のドメインを指定した上で生成されるので、以下をコピっても使用できません。

まずtwitter公式ウィジェットでスクリプトを吐き出してもらってから、
<!–ここからtwitterで生成されたスクリプト–><!–/ここまでtwitterで生成されたスクリプト–>の中をそのスクリプトに差し替えてあげてください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?> 
<Module>
  <ModulePrefs title="hello world example←←←任意のタイトルに変えてあげる" /> 
  <Content type="html">
<!--ここからtwitterで生成されたスクリプト-->
     <![CDATA[ 
       <a href="https://twitter.com/cegweb" data-widget-id="twitterから配布されるID">@cユーザー名 からのツイート</a>
<script>!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");</script>
<!--/ここまでtwitterで生成されたスクリプト-->

 ]]> </Content> 
</Module>
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

※URLを複数含む場合、日本語がない場合などコメントができない場合があります。